キャンプでもオシャレしたい!|女子キャンパーのスキンケア術

女性にとって欠かせないメイク

キャンプだってなんだって

スッピンを見られるのは

イヤーーー!!!

そんなワガママガールに

キャンプ歴5年の女子ソロキャンパーが

スキンケア術を教えます☆

女子キャンパーのスキンケア術

  • 基本メイクはナチュラルに
  • 夏はウォータープルーフ
  • 冬は2way保湿クリーム
  • 紫外線にはSPF50 PA+日焼け止めだけ
  • 夜は拭くだけコットン
  • 朝は洗顔がいらないパック

これであなたも明日から女子キャンパーです☆

濃いのはNG!季節に合わせるキャンプメイク

  • ファンデの厚塗り
  • ラメで目元ギラギラ
  • リップグロスでうるうる

これはアウトドアで完全に浮くのでNG!

基本はナチュラル

ファンデはうすめに

ラメは細かいものを

リップは軽くたたく程度

気温や湿度がもろに影響するアウトドアでは

季節に合わせてメイクする方法を少し変えるのもオススメです!

真夏から雪がふる真冬まで一年中キャンプに行くわたしのメイクは基本フルメイクですが

夏⇒ウォータープルーフマスカラ必須

冬⇒顔と手2way保湿クリーム必須

って感じで、季節によって少しだけ意識を変えたりしています。

夏は絶対ウォータープルーフ

メイクの大敵はなんと言っても【汗】!

ぜったいに崩したくないひとは、ウォータープルーフはマストです!

特にマスカラはウォータープルーフじゃないと

目がパンダに・・・!!

それでもメイクが落ちてくるのが夏の暑さ・・・(泣)

メイク直しはしてもしきれないので、

・汗はタオルでおさえながら拭く

・トイレに行ったタイミングでメイク直し

・ファンデーションは日焼け止めを塗り直すタイミングで

こんな感じで乗り切りましょう!!!

冬は保湿重視

冬はメイク直しはほとんどしなくても大丈夫!

リップを少し塗り直すくらいでOK

その代わり、顔にも手にも2wayで使えるクリームは常にポケットに入れておいて。

水をよく使うキャンプでは、ハンドクリームをこまめに塗らないとひび割れになります。

顔にも使えるクリームにしておくと、目元や口元の乾燥が気になったときに便利ですよ!

▼2wayで使えるおすすめクリームはコチラ▼

乾燥肌の救世主「ヘパリン類似物質」配合【NALC薬用ヘパリンハンドクリーム】

手のひび割れはほんとに辛いから

キャンプが辛い思い出になっちゃう前に、こまめに塗ることを全力でオススメします!!!

紫外線対策はSPF50 PA+の日焼け止めだけ!

キャンプを楽しむための紫外線対策は、

  • 動きを制限しない
  • 気にしすぎない

SPF50 PA+++の日焼け止め1本でOKです!

▼オススメの日焼け止めはこちら

NULL日焼け止め ジェル

紫外線対策定番の

ツバ付の帽子やアームカバーは、

テント設営やキャンプ料理に意外とジャマ。

そして紫外線を気にしすぎると、やっぱり楽しめません

気にしすぎるなって言われても気になるものは気になるよう!!

という声が聞こえてきそうなので・・・実は管理栄養士の資格を持っているわたしから一言!

管理栄養士の一言メモ!

シミ・シワの原因になると言われる紫外線は皮膚に当たることで、骨の健康を保つために必要なビタミンDを作ってくれるよ!

こんなデータを発見!

紫外線も気になるけど、せっかくのキャンプ!

純粋に自然を楽しむこともわすれないでくださいね(^^)

夜は拭くだけメイク落とし

夜にお風呂に入れないってこともキャンプでは多いですよね。

そんな時は拭くだけコットンで済ませます

同時に洗顔がいらないパックをしておやすみなさい zzZ

▼洗顔がいらないパックはコチラ▼

朝もこのパックでスッキリできるので、キャンプをする女子は絶対買って損はないです!

気になるキャンプでのスキンケア術

  • 基本メイクはナチュラルに
  • 夏はウォータープルーフ
  • 冬は2way保湿クリーム
  • 紫外線にはSPF50 PA+日焼け止めだけ
  • 夜は拭くだけコットン
  • 朝は洗顔がいらないパック

これであなたもベテラン女子キャンパーの仲間入りです☆

自然の中に身をおくことの素晴らしさを体験して、ステキなキャンプライフにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA